婚姻届を出していない事実婚の時の相続

 

事実婚の場合は基本的に配偶者としての相続権はありません

 

最近では婚姻届を提出せずに実質的に夫婦になっている事実婚の夫婦が急増しているようです。そのようなケースではパートナーが死亡したら相続はどうなるのでしょうか。

 

 

事実婚は法律上では夫婦として認められませんので、当然配偶者としての相続権はありません。例えば事実婚の夫婦がお互いに共同で家を購入しそこに住んでいて、どちらか一方が死亡した場合、残った人は家を使用する権利は主張できます。しかし、亡くなったパートナーに相続人が存在しその人に共有物分割請求をされると、それを拒否することは出来ません。

 

ただしパートナーに相続人がいない場合などでは、残された人が特別縁故者として財産分与請求をして遺産を受け継ぐことが出来ることもあります。これには家庭裁判所に相続財産管理人選任の申し立てをする必要があります。財産を相続財産管理人のもと置いて、官報(国が発行している機関誌)などで公示して、相続人がいないことを確認し、特別縁故者となれば財産を分与してもらえます。

 

 

この申し立てには色々な書類が必要になり提出も求められます。このようなややこしいことを避けてパートナーに財産を残すのであれば、遺言書で遺贈するほうがいいと思います。基本的に事実婚のパートナーには相続の権利はありませんが、社会保険、遺族厚生年金、労災については例外的に受給をすることが出来ます。

関連ページ

遺産を相続するための手続きと一連の流れと期限
相続は故人が死亡した時から始まります。遺産を相続する時の手続きは色々とありますが、行う期限があるので注意が必要です。その方法を詳しく説明します。
財産の引き継ぎ方、生前贈与と死因贈与の違いと税率
財産を受け継ぐには相続以外に遺贈、贈与といった方法もあります。それぞれに財産をもらることが出来る人や、それぞれの税率も変わってきます。これらをわかりやすく説明します。
優先的に相続人になれる人は誰?
民法では遺言書が存在しない時などに遺産相続でもめないように相続人や優先順、相続の割合が決められています。そのことについて詳しく説明します。
相続の権利がなくなる場合やケース、代襲相続について
法定相続人になれる人出も相続失格になったり相続廃除、失跡宣言がされれば遺産を受け継ぐことはできなくなります。ではどういった時に相続の権利がなくなるのか説明します。