優先的に相続人になれる人は誰?

配偶者は常に相続人になることが出来ます

 

配偶者と血族のみが民法で定められた法定相続人になれます。配偶者は常に相続人になり、血族は相続人になれる範囲と、相続の優先順位、どれだけの割合で相続できるのかは決められています。

 

被相続人の血族のうち子や孫を直系卑属と呼び相続の順位は第1順位、親や祖父母を直系尊属と呼び優先順位は第2順位、兄弟姉妹や甥姪は傍系血族と呼び優先順位は第3順位になります。このような優先順になっていますので、上位の順位者がいる場合は下位には相続の権利はありません。

 

 

第1順位(直系卑属)
被相続人の子や孫がこれになります。例えば配偶者と子が相続人の時相続の割合は配偶者が2分の1、子が2分の1になります。子が複数存在する場合は2分の1を複数人で分割します。この時子が死亡しいて孫がいる時は孫が相続人になります。これを代襲相続と言います。

 

養子は実子と同様の権利があります。正式な婚姻でない関係の間に生まれた非嫡出こは、父親が認知をしていれば第1位の相続人になれますが、相続の割合は実子の2分の1になります。しかし非嫡出子と養子縁組をしていれば実子と同様の権利を有します。

 

第2順位(直系尊属)
被相続人の父母や祖父母があてはまります。例えば被相続人に配偶者が存在し、子や孫はいなくて父がいる時は、配偶者は3分の2、父は3分の1の割合になります。この時母もいる時は3分の1を二人で分け合います。つまり6分の1づつになります。

 

 

第3順位(傍系血族)
被相続人の兄弟姉妹、兄弟姉妹がすでに死亡している場合は甥姪がなります。例えば被相続人に配偶者がいて、子や孫がいない、さらに父母、祖父母もいない時は、配偶者が4分の3、兄弟姉妹が4分の1になります。兄弟姉妹が複数いる時は4分の1を人数で分割します。この時兄弟姉妹が他界していてその子である甥姪がいる時は、甥姪が相続人になります。この時異母兄弟、異父兄弟は兄弟姉妹の2分の1になります。

 

遺言書の内容が最優先されます

 

法定相続はこのように決定されていますが、遺言書がある場合は遺言書に書かれている相続人や相続割合が優先されます。また、相続割合や相続内容は前相続人が協議して決めることも出来ます。これを遺産分割協議といいます。

関連ページ

遺産を相続するための手続きと一連の流れと期限
相続は故人が死亡した時から始まります。遺産を相続する時の手続きは色々とありますが、行う期限があるので注意が必要です。その方法を詳しく説明します。
財産の引き継ぎ方、生前贈与と死因贈与の違いと税率
財産を受け継ぐには相続以外に遺贈、贈与といった方法もあります。それぞれに財産をもらることが出来る人や、それぞれの税率も変わってきます。これらをわかりやすく説明します。