遺産を相続するための手続きと一連の流れと期限

相続開始から3ヶ月以内にしなければならないこと

 

遺産を残して死亡した人を被相続人といい、遺産を相続する人を相続人と言います。被相続人が死亡したら、死亡届を役所に提出し、そこから相続の手続きを開始します。この相続の手続きには期限があります。3ヶ月、4ヶ月、10ヶ月に分かれています。相続を開始する時はまず、被相続人の遺言書があるかどうかを確認します。なぜなら効力のある遺言書に記入されている内容は、法律で決められた、誰がどれだけ相続するかという法定相続よりも優先されるようになっているためです。

 

 

その次に相続人を決めます。遺産を相続できる人を法定相続人と呼び、基本的には配偶者と子供になります。時には兄弟姉妹、親、孫になることもあり、その場合は順位と割合が法律で決められます。

 

相続人は故人が残した財産を基本的に全部受け継ぎます。どのような遺産があるのかはしっかり把握しておきましょう。財産は預貯金、家や土地などの不動産、株券などのプラスばかりイメージしますが、借金、住宅ローン、クレジットカードのローンなど、被相続人に連帯保証債務がある場合はそれも継承しなければいけません。プラスだけの遺産だけでいいというわけにはいかないのです。

 

相続すると明らかにマイナスになるので、相続はしたくない場合は相続放棄という選択も出来ます。借金は相続で得た資金の範囲内に限定する限定認証という方法もあります。相続放棄、限定認証とも相続の開始から3ヶ月以内に家庭裁判所に申し出て、手続きを行いましょう。

 

 

相続が始まって10ヶ月以内にすること

 

相続放棄をしない場合は遺産を評価して、相続人全員で遺産分割協議をして合意し、それぞれがどのくらい相続するのか把握しておきます。そして様々な控除を考えながら計算し相続税を支払う必要がある場合は、その旨の申告を10ヶ月以内に行いの税します。さらに故人が亡くなった年の所得税の申告が必要なこともあります。(準確定申告)この場合は4ヶ月以内に行います。

 

遺産相続の一連の流れ

 

被相続人が死亡(相続が始まる)
                  ↓
遺言書があるのかを確認 自筆証書遺言書があれば家庭裁判所で検認してもらってから開封すること
                  ↓
相続人を確定       相続の順位、割合は法律で決まっているので、故人と相続人の関係を知っておく
                  ↓
遺産の確認とリストアップ 財産がいくらあるかを調べる(債務も含めて)

 

*ここまでは3ヶ月以内に行う

 

単純承認、相続放棄、限定認証を決める  相続は放棄したり故人の借金は資産の範囲で返済も可能
                   ↓
遺産の評価   それぞれの相続財産を調べ相続税の額を計算する
                   ↓
被相続人の準確定申告  故人の分の所得税を申告

 

*ここまでは4ヶ月以内に行う

 

遺産分割協議をする    遺言書が無い時は相続人全員で遺産分割協議をして遺産を分割する
                    ↓
相続税の計算        相続税を申告、納税する人は限られてくるのでその人は相続税を計算する
                    ↓
相続税の申告、納税

 

*ここまでは10ヶ月以内に行う