このエントリーをはてなブックマークに追加 


遺産相続で知っておくべきこと記事一覧

相続開始から3ヶ月以内にしなければならないこと遺産を残して死亡した人を被相続人といい、遺産を相続する人を相続人と言います。被相続人が死亡したら、死亡届を役所に提出し、そこから相続の手続きを開始します。この相続の手続きには期限があります。3ヶ月、4ヶ月、10ヶ月に分かれています。相続を開始する時はまず、被相続人の遺言書があるかどうかを確認します。なぜなら効力のある遺言書に記入されている内容は、法律で...

相続できる割合は法律によって決められています人がなくなった時点から相続は始まります。いわゆる総相続開始というものです。特に遺言書で指定されている人がいないかぎりは相続人は配偶者と血族のみになります。これを法定相続人と呼びます。この法定相続人の相続の相続順位や相続可能な遺産の割合は民法によって決まっています。ただし、相続できる遺産の割合は遺産分割協議で同意が得られれば民法で決まった割合に関係なく自由...

配偶者は常に相続人になることが出来ます配偶者と血族のみが民法で定められた法定相続人になれます。配偶者は常に相続人になり、血族は相続人になれる範囲と、相続の優先順位、どれだけの割合で相続できるのかは決められています。被相続人の血族のうち子や孫を直系卑属と呼び相続の順位は第1順位、親や祖父母を直系尊属と呼び優先順位は第2順位、兄弟姉妹や甥姪は傍系血族と呼び優先順位は第3順位になります。このような優先順...

家事審判申立書(失踪宣言)届ける人 不在者の配偶者、不在者以外の相続人、財産管理人など届け先  家庭裁判所持ち物  申し立てをする人と不在者の戸籍謄本、ふざい事実を証明できる書類、申立人の利害関係を証明する資期限   なし(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});違法行為を行うと相続権は無くなります違法行為行えば相続人の権利があっても相続は...

事実婚の場合は基本的に配偶者としての相続権はありません最近では婚姻届を提出せずに実質的に夫婦になっている事実婚の夫婦が急増しているようです。そのようなケースではパートナーが死亡したら相続はどうなるのでしょうか。(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});事実婚は法律上では夫婦として認められませんので、当然配偶者としての相続権はありません。例え...

特別代理人選任申立書届ける人 親権者、他の相続人届け先  家庭裁判所持ち物  未成年者と申立人の戸籍謄本、特別代理人候補者の住民票利害関係を証明する書類(遺産分割協議書の案など)期限   3ヶ月以内(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});家庭裁判所に特別代理人選任の請求を行う未成年が相続人である時は、代理人を立てる必要があります。普通は親...