死亡一時金のもらい方と受給条件とは

死亡一時金のもらい方と受給条件とは

 

国民年金死亡一時金裁定請求書

 

届ける人 給付の対象者
届け先  市町村の役所、年金事務所
持ち物  戸籍謄本、世帯全員の住民票、故人の年金手帳、死亡診断書(コピーでOK)
振込先口座番号、印鑑

 

 

死亡一時金の支給金額は保険料の納付期間によって変わる

 

国民年金の第一号被保険者が36ヶ月以上保険料を納付し、老齢基礎年金、障害基礎年金のいずれも受け取らずに死亡した時に遺族に対して支払われるのが死亡一時金です。死亡一時金を受け取ることが出来る条件と優先順位は故人と生計を共にしていた人です。その優先順位は1,配偶者、2,子、3,父母、4,孫、5,祖父母、6,兄弟となっています。しかし、配偶者や子が遺族基礎年金、または寡婦年金をもらっていた場合は受け取ることが出来ません。つまりこれら3つのものはどれか1つしかもらえないようになっています。

 

死亡一時金の手続きは故人が亡くなってから2年までです。死亡一時金の申請には国民年金死亡一時金裁定請求書に必要事項を記入し、戸籍謄本、世帯全員の住民票、故人の年金手帳、死亡診断書(コピーでOK)
振込先口座番号、印鑑を添えて各市町村の役所か年金事務所に提出します。死亡一時金の貰える金額は故人が第1号被保険者として、国民年金の保険料を納付した期間によります。この時免除期間があった場合は、納付した割合で、支給額が計算されます。さらに、定額の保険料に加え、付加保険料を36ヶ月以上おさめていた場合は8500円加算してくれます。

 

 

死亡一時金のもらえる金額

 

保険料の納付済みの期間

死亡一時金のもらえる金額

36ヶ月以上180ヶ月未満

12万円

180ヶ月以上240ヶ月未満

14万5000円

240ヶ月以上300ヶ月未満

17万円

300ヶ月以上360ヶ月未満

22万円

360ヶ月以上420ヶ月未満

27万円

420ヶ月以上

32万円

 

 

関連ページ

年金受給停止の手続きの方法
故人が公的年金を受けていた場合はできるだけ早く年金事務所で停止の手続きを行いましょう。
国民年金受給者の遺族がもらえる年金とその種類
国民年金のみに加入していた人が死亡後に遺族が受け取ることの出来る年金の種類のことについて紹介します。各自の条件によって受け取る年金に違いがあります。
遺族基礎年金は遺族を守る年金支給には条件があります
遺族年金は国民年金に加入していた人が死亡した時に子のある妻、または子の生活を助けるために支給される年金のことです。一定の条件がないと受け取ることが出来ません。
寡婦年金の受給条件やもらえる金額について
国民年金に加入していた夫が死亡したが遺族基礎年金の受給の条件に当てはまらなかった妻がもらえる年金が寡婦(かふ)年金です。その寡婦年金の受給の条件やもらえる金額について紹介します。