遺族基礎年金は遺族を守る年金支給には条件があります

遺族基礎年金は遺族を守る年金支給には条件がありますその条件とは

 

国民年金遺族基礎年金裁定請求書

届ける人 給付の対象になる人
届け先  市町村の役所
持ち物  戸籍謄本、世帯全員の住民票(除籍分も)、故人と請求者の年金手帳、死亡診断書(コピーでよい)
振込先の口座番号、請求者の所得証明、学生書、印鑑

 

 

遺族基礎年金は年齢や人数によってもらえる金額が変わります
遺族基礎年金が支給される条件には以下の物があります
1,国民年金に加入している
2,老齢基礎年金を受け取る資格期間である25年以上経っている

 

1の場合は免除期間を含む保険料納付済みの期間が加入期間の3分の2を超えていることも必要となります。これらを満たしていない時は、死亡月の前々月までの1年間に保険料の未納、滞納がない場合は認められます。遺族基礎年金の給付対象者は基本的に子です。受給出来るのは故人によって生計を支えてもらっていて、満18歳(心身に障害がある時は20歳)になる年度の年度末である3月31日を過ぎていないこと。この時保護者がいれば保護者に支給されます。一定の条件を満たすような子供がいない場合は、妻は遺族基礎年金を受け取ることは出来ません。

 

 

手続きは国民年金遺族基礎年金裁定請求書に必要事項を記入し、 戸籍謄本、世帯全員の住民票(除籍分も)、故人と請求者の年金手帳、死亡診断書(コピーでよい)振込先の口座番号、請求者の所得証明、、印鑑、学生書(子の収入がわかる書類)を持って、住所地の役所に行って各書類を提出します。

 

妻が受け取れる金額は子供の人数によって変わります。老齢基礎年金の満額である780,100円(平成28年)に子の加算額が足されます。第一子と第二子は224,500円、第三子以降は74,800円ずつ加算されます。支給額はその年によって変わりますので、役所などで問合せてください。

関連ページ

年金受給停止の手続きの方法
故人が公的年金を受けていた場合はできるだけ早く年金事務所で停止の手続きを行いましょう。
国民年金受給者の遺族がもらえる年金とその種類
国民年金のみに加入していた人が死亡後に遺族が受け取ることの出来る年金の種類のことについて紹介します。各自の条件によって受け取る年金に違いがあります。