国民年金受給者の遺族がもらえる年金とその種類

国民年金受給者の遺族がもらえる年金とその種類

 

遺族年金は条件によって受け取れる年金の種類は違います

国民年金は日本に住んでいる20歳以上から60歳未満の人が必ず加入することが義務になっているものです。この国民年金は第一号〜第三号という三種類にわかれています。この内第一号被保険者は自営業、自由業、農林漁業とその配偶者、学生などがあてはまります。第二号被保険者は公務員、会社員があてはまり同時に厚生年金や共済年金も合わせて加入している人があてはまります。第三号被保険者は先程の第二号被保険者の扶養配偶者があてはまります。

 

 

遺族年金はこのような被保険者が死亡すると、それまで生計を同じにしていた遺族がもらえる年金のことです。ただし、故人が何号の被保険者であったかによって、また、亡くなった人と残された遺族の関係、年齢によって受け取る年金は違ってきます。基本的には遺族基礎年金、寡婦(かふ)年金、死亡一時金の内のどれか一つを受給することになります。どの年金を貰う場合でも届け出の手続きが必要になってきます。

 

 

国民年金の場合、遺族が受け取れる年金の種類

 

死亡した人が第一号被保険者の場合

 

もらえる年金の種類(どれか一つを選択する)

 

1,遺族基礎年金 
受給できるのは、故人の扶養を受けていた子供と子供のある妻

 

2,寡婦(かふ)年金
婚姻関係が10年を超え夫に扶養されていた満65歳未満の妻がもらえる

 

3,死亡一時金
遺族基礎年金の受給資格がなく、寡婦年金を受け取らない遺族がもらえる権利を持つ

 

関連ページ

年金受給停止の手続きの方法
故人が公的年金を受けていた場合はできるだけ早く年金事務所で停止の手続きを行いましょう。
遺族基礎年金は遺族を守る年金支給には条件があります
遺族年金は国民年金に加入していた人が死亡した時に子のある妻、または子の生活を助けるために支給される年金のことです。一定の条件がないと受け取ることが出来ません。
寡婦年金の受給条件やもらえる金額について
国民年金に加入していた夫が死亡したが遺族基礎年金の受給の条件に当てはまらなかった妻がもらえる年金が寡婦(かふ)年金です。その寡婦年金の受給の条件やもらえる金額について紹介します。
死亡一時金のもらい方と受給条件とは
死亡一時金は遺族基礎年金の受給対象者ががいない場合(子、子のある妻)にもらえる給付金です。ただし、妻が寡婦年金をもらっている場合は、受給の権利は無くなります。
厚生年金、共済年金の遺族がもらえる年金の種類
亡くなった人が厚生年金や共済年金に入っていた場合は遺族は遺族年金を受け取ることが出来ます。ではどういった種類の年金があるのか知っておきましょう。