年金受給停止の手続きの方法

年金受給停止の手続きの方法

 

年金受給権者死亡届

届ける人 故人の遺族
届け先  市町村の役所、年金請求者の住所の管轄保険事務所
期限   10日以内、国民年金は14日以内
持ち物  年金証書、戸籍謄本、請求者と年金受給権者の住民票、振込口座の番号、死亡届(コピーで良い)、印鑑

 

 

未支給年金請求書

届ける人 故人の遺族
届け先  市町村の役所、年金事務所
期限   年金受給権者死亡届と同時に
持ち物  年金証書、戸籍謄本、請求者と年金受給権者の住民票、振込口座の番号、死亡届(コピーで良い)、印鑑

 

 

年金受給停止の手続きと未支給年金請求は同時に

 

故人がそれまでに公的年金を受給していた場合は、年金事務所と市町村の役所に年金受給権者死亡届を届け年金の停止の手続きを行う必要があります。基本的に年金を受給できるのは故人が死亡したその月までです。こちらから年金停止の手続きを行わなければそれ以降も年金が支払われます。不正に年金を受け取ると法律により罰せられる他、後日超過分の年金を一括返還することになります。また、手続きも色々とややこしくなるので注意が必要です。

 

 

故人が厚生年金を受け取っていた場合は死亡後10日以内、国民年金を受け取っていた場合は14日以内に年金の停止手続きをしましょう。年金受給権者死亡届と未支給年金請求書はセットになっているので同時に提出することになります。未支給年金とは字のごとく故人が受け取るはずであった年金のことです。年金は2ヶ月に1回偶数月にまとめて支払われるので、年金停止の手続きをした時に未払いが生じることがあるので、その未払い分は生計をともにしていた遺族は受け取ることが出来ます。そのために未支給年金請求書を提出するのです。この時受け取る口座の通帳を持って行くと便利です。