お墓を違う場所に移動させるための手続き

 

改葬許可申請書

届ける人 遺族
届け先  市区町村の役所
持ち物  墓地利用許可書、受け入れ証明書、埋蔵証明書、印鑑

 

 

お墓を新しい墓地へ移す(改葬)には市区町村が発行している改葬許可書が必要です

 

例えばお墓が遠いところにあり、お参りや世話が出来ないといった理由で、お墓を別の場所に移動することを改葬といいます。これにはいくつかの方法があります。墓石ごと移動するのか、中にある遺骨だけを移動するのか、先祖代々の墓からある特定の人遺骨を移動する、または遺骨の一部だけを分骨するという方法もあります。ですからどの方法が一番いいのか十分に検討しておきましょう。

 

現実にお墓を移動する場合は、そのための所定の手続きと、お寺や親戚との調整といった2つの側面から改葬をすすめるのがいいでしょう。一連の流れとしては新しい墓の購入し墓地利用許可書、て、新しい墓地から墓地利用許可書と受け入れ証明書を発行してもらいます。そして今の墓がある地域の市区町村の役所から改葬許可申請書と埋葬、埋蔵証明書を発行してもらいます。

 

そして現在の墓地の管理者に埋蔵証明書に署名と捺印をしてもらい、墓地利用許可書、受入証明書、埋葬、埋蔵証明書、改葬許可申請書の4つを今の墓地がある市区町村の役所に提出して、改葬許可書をもらいます。

 

改葬許可申請書と埋葬、埋蔵証明書はセットになっている市区町村も多いので事前に問合せて確認しておきましょう。そしてこれらを提出すると遺骨を埋葬することが出来ます。納骨の時にはお墓を閉じるための閉眼供養と、新たにお墓を開くための開眼供養を執り行う必要があります。お寺に事前にお願いをしておきましょう。

 

 

改葬する時に特に気をつけること

 

改葬する時に書類上の手続きはそうややこしくはありません。それよりもお寺や親戚との調整の方がややこしくなることが多いようです。お寺にとって改葬とは檀家を減らす事になり、お寺の経済的ダメージを受けることになります。ですから一方的に改葬の手続きを進めるとお寺から法外な離檀料を請求されたり、埋蔵証明書に署名をしてもらえないといったトラブルになることも。

 

さらに親戚の中には不快感を持つ人もでてくることでしょう。ですから改葬の理由を相手が納得するように説明をする必要も出てきます。現実には改葬の申請書を作成するときには現地の墓地に問合せなければわからないことも出てきます。ですから新しいお墓を購入する前に、今の墓地に相談をして、話をうまくすすめていくようにしましょう。

 

費用に関しては開眼、閉眼供養のお布施、お墓設立や古い墓の処理代など思った以上にお金がかかることもあります。ですから改葬をする前には事前によく調べてから進めるようにしましょう。

関連ページ

年金受給停止の手続きの方法
故人が公的年金を受けていた場合はできるだけ早く年金事務所で停止の手続きを行いましょう。
国民年金受給者の遺族がもらえる年金とその種類
国民年金のみに加入していた人が死亡後に遺族が受け取ることの出来る年金の種類のことについて紹介します。各自の条件によって受け取る年金に違いがあります。
遺族基礎年金は遺族を守る年金支給には条件があります
遺族年金は国民年金に加入していた人が死亡した時に子のある妻、または子の生活を助けるために支給される年金のことです。一定の条件がないと受け取ることが出来ません。
寡婦年金の受給条件やもらえる金額について
国民年金に加入していた夫が死亡したが遺族基礎年金の受給の条件に当てはまらなかった妻がもらえる年金が寡婦(かふ)年金です。その寡婦年金の受給の条件やもらえる金額について紹介します。
死亡一時金のもらい方と受給条件とは
死亡一時金は遺族基礎年金の受給対象者ががいない場合(子、子のある妻)にもらえる給付金です。ただし、妻が寡婦年金をもらっている場合は、受給の権利は無くなります。
厚生年金、共済年金の遺族がもらえる年金の種類
亡くなった人が厚生年金や共済年金に入っていた場合は遺族は遺族年金を受け取ることが出来ます。ではどういった種類の年金があるのか知っておきましょう。
遺族厚生年金がもらえる条件と手続きの方法
一定の条件を満たせば故人の妻や子に限らず遺族厚生年金をもらうことが出来ます。遺族厚生年金をもらえる条件と手続きの方法、支給金額について説明していきます。
中高齢寡婦加算の仕組みと手続きについて説明しています
遺族厚生年金には中高齢寡婦加算という加算の制度があります。その中高齢寡婦加算をもらえるのはいつごろか、どれくらいもらえるのか、手続きはどうするのか説明します。
国民健康保険と社会保険の死後の手続きを紹介
身内の人が公的な健康保険に入っていた時は、なるべく早くこれらの資格の取り消しを行うことが必要です。同時に葬儀の費用も申請できるので合わせて申請しましょう。
年金や遺族年金のその他の色々な手続きについて
夫の後の年金の手続きや配偶者が亡くなった後再婚した時、遺族年金はもらえるのか詳しく説明します
亡くなった人が世帯主だった場合の死後の手続き
住民票にある各世帯には世帯の代表として世帯主が決められています。死亡した人が世帯主だった場合は住民票の変更も必要になってきます。その手続きの方法をわかりやすく説明します。
児童扶養手当のもらい方とその手続きの方法
親のどちらかが死亡し残された親が一人で仕事と子育てを両立する場合、その家庭によっては児童扶養手当をもらえる場合があります。児童扶養手当のもらい方や申請の方法や期限について説明します。
死亡後の公共料金の手続きはすみやかに
公共料金の引き落としを故人の名義で行っていた場合は書き換えの手続きを速やかに行いましょう。そうしないと払わなくてもよい料金まで払うはめになります。
死亡後の勤務先や市区町村などに返却、退会などの手続き
死亡後に返却や退会の手続きを行わなければバラないものも多くあります。市区町村や発行元勤務先などへの手続きの方法を説明します。
配偶者が死亡し旧姓に戻る時の手続き
姓の変更は手続きをすれば簡単に出来ます。ただし本人とその子とでは手続きが異なるので注意が必要です。意外とこのことを知らない人は多いようです。
配偶者の死後配偶者の親戚と縁を切る方法
配偶者が死亡し姓を旧姓に戻した場合でもそれまで同様に配偶者との親戚関係は継続します。どうしても配偶者との親戚関係を切りたい時は婚族関係終了届を提出します。
子の姓と戸籍を親の旧姓に変更するには
配偶者が死亡し、残った親が姓を旧姓に戻した時は残された子についても別に変更の手続きをする必要があります。その子の氏の変更許可申立書の手続きの方法を紹介します。
仕事が原因で死亡した時に遺族がもらえる給付金
世帯主などの会社員が勤務中や通勤中の災害が原因で死亡すると労災保険が適用されます。残された遺族は遺族補償給付や葬祭料をもらうことが出来ます。
亡くなった人の医療費の自己負担が高額だった時は
死亡した人の医療費の自己負担が高額になっていた時は、一部を払い戻してもらう事ができます。死亡後でも請求は可能です。その手続の方法を説明します。