国民健康保険と社会保険の死後の手続きを紹介

国民健康保険と社会保険の死後の手続きを紹介

 

 

国民健康保険資格喪失届

届ける人 遺族
届け先  市町村の役所
持ち物  国民健康保険証、印鑑
期限   14日以内に

 

国民健康保険葬祭費支給申請書

届ける人 喪主またはそれに準ずる方
届け先  市町村の役所
持ち物  国民健康保険証、印鑑、振込口座番号、葬儀の領収書
期限   葬儀から2年以内

 

 

健康保険、厚生年金保険被保険者資格喪失届

届ける人 遺族
届け先  年金事務所、勤務先の健康保険組合、厚生年金基金
持ち物  健康保険証
期限   5日以内

 

 

健康保険埋葬料(費)支給申請書

届ける人 故人と生計を共にしていた人
届け先  年金事務所、勤務先の健康保険組合、厚生年金基金
持ち物  健康保険証、印鑑、振込口座番号、葬儀の領収書、埋葬許可証または死亡診断書(コピー可)、住民票
期限   死亡後2年以内

 

 

死亡した人の資格を停止と共に遺族の変更の手続きも行う

 

健康保険には国民健康保険資格(国保)と、それ以外の健康保険(勤め先の健康保険組合、共済組合)があります。国民の義務としてこのどちらかの方に加入しなけばなりません。家族が亡くなったら遺族はすぐに健康保険の資格喪失届けを提出する必要があります。

 

国民健康保険に入っていた場合

死亡してから14日以内に国民健康保険資格喪失届けの提出をして、健康保険証を返却します。提出は市町村の役所になります。同じ世帯の家族も同じく国民健康保険に入っていた場合は保険証の返却と同時に、新しく発行された保険証をもらいます。

 

国民健康保険以外の健康保険の加入者の場合

国民健康保険以外の健康保険の資格喪失の手続きを行う場合は、まずは勤務していた会社に問合せをします。資格喪失の手続きをするための健康保険、厚生年金保険被保険者資格喪失届を年金事務所や厚生年金基金などに提出しなければなりませんが、これらの手続きを会社が行ってくれることが多いからです。また、被保険者の扶養家族が死亡した場合は、扶養控除移動の手続きが行われます。

 

被保険者本人が死亡し保険証を返却すると健康保険資格喪失証明書が発行されます。死亡した人の扶養家族はその後は国民健康保険に入ることになるので、この健康保険資格喪失証明書と本人確認の書類と一緒に市町村の役所に提出し、加入のための手続きを行います。加入の届け出は普通資格を喪失してから14日以内です。期間を超えるとその間の保険料も後から請求されるので、早めに行うのがいいでしょう。

 

 

国民健康保険や健康保険から葬祭費、埋葬料をもらうための手続きの方法

 

公的な健康保険に入っていると被保険者やその家族が死亡した時に葬式の費用として、一定の給付金がもらえます。ただし、自己申請でしかもらえませんので、きちんと申請をしましょう。死亡後に必ず行う健康保険の資格喪失届けと同時に行うと忘れずに済みますし手間も省けます。

 

国民健康保険、後期高齢者医療制度に入っている場合

葬式の次の日から2年以内に申請の手続きをすれば、喪主またはそれに準ずる人が葬祭費(埋葬料)をもらえます。この時貰える金額は加入先や市町村によって違いがありますが、およそ数万円くらいになります。

 

国民健康保険以外の健康保険に入っている場合

死亡した人が国民健康保険以外の健康保険に入っている、もしくはその資格を喪失してから3ヶ月以内に亡くなったら、その人と生計を共にしていた喪主が埋葬料をもらうことが出来ます。その時の金額は給料の1ヶ月分。最低額は5万円が保障されています。この時の請求期限は亡くなってから2年以内になっています。死亡した人が扶養家族の時は被保険者に家族埋葬料がもらえます。

関連ページ

年金受給停止の手続きの方法
故人が公的年金を受けていた場合はできるだけ早く年金事務所で停止の手続きを行いましょう。
国民年金受給者の遺族がもらえる年金とその種類
国民年金のみに加入していた人が死亡後に遺族が受け取ることの出来る年金の種類のことについて紹介します。各自の条件によって受け取る年金に違いがあります。
遺族基礎年金は遺族を守る年金支給には条件があります
遺族年金は国民年金に加入していた人が死亡した時に子のある妻、または子の生活を助けるために支給される年金のことです。一定の条件がないと受け取ることが出来ません。
寡婦年金の受給条件やもらえる金額について
国民年金に加入していた夫が死亡したが遺族基礎年金の受給の条件に当てはまらなかった妻がもらえる年金が寡婦(かふ)年金です。その寡婦年金の受給の条件やもらえる金額について紹介します。
死亡一時金のもらい方と受給条件とは
死亡一時金は遺族基礎年金の受給対象者ががいない場合(子、子のある妻)にもらえる給付金です。ただし、妻が寡婦年金をもらっている場合は、受給の権利は無くなります。
厚生年金、共済年金の遺族がもらえる年金の種類
亡くなった人が厚生年金や共済年金に入っていた場合は遺族は遺族年金を受け取ることが出来ます。ではどういった種類の年金があるのか知っておきましょう。
遺族厚生年金がもらえる条件と手続きの方法
一定の条件を満たせば故人の妻や子に限らず遺族厚生年金をもらうことが出来ます。遺族厚生年金をもらえる条件と手続きの方法、支給金額について説明していきます。
中高齢寡婦加算の仕組みと手続きについて説明しています
遺族厚生年金には中高齢寡婦加算という加算の制度があります。その中高齢寡婦加算をもらえるのはいつごろか、どれくらいもらえるのか、手続きはどうするのか説明します。