遺族厚生年金がもらえる条件と手続きの方法

遺族厚生年金がもらえる条件と手続きの方法

 

国民年金、厚生年金保険、船員保険遺族給付裁定請求書

 

届ける人 給付の対象になる人
届け先  年金事務所
持ち物  戸籍謄本、世帯全員の住民票(除籍の分も)、故人と請求者の年金手帳、死亡診断書(コピーでOK)
振込先口座番号、所得証明、印鑑

 

 

妻以外が遺族厚生年金をもらうには年齢の条件があります

 

遺族厚生年金をもらう条件には以下の条件があればもらえます。(共済年金もほぼ同じです)

 

1,厚生年金加入者が在職中に死亡した時

 

2,厚生年金に加入中に傷病がもとで初診日から5年以内に死亡した場合

 

3,1級、2級の障害厚生年金をもらえる人が死亡した

 

亡くなった人と生計を共にしていて、年収が850万未満の遺族で

 

1,配偶者(妻、55歳を超える夫)

 

2,子(満18歳になる年度の3月末を過ぎていない、心身障害があれば20歳未満)

 

3,55歳以上の父母

 

4,孫(子と条件は同じ)

 

5,55歳以上の祖父母

 

 

この優先順位でもらうことが出来ます。年齢に関係なく遺族厚生年金をもらえるのは夫をなくした妻だけです。また、先ほどの条件で1に当てはまる夫と、3,5、の場合は60歳を過ぎた時点でもらうことが出来ます。

 

遺族厚生年金の手続きは国民年金、厚生年金保険、船員保険遺族給付裁定請求書に必要事項を記入し、戸籍謄本、世帯全員の住民票(除籍の分も)、故人と請求者の年金手帳、死亡診断書(コピーでOK)、振込先口座番号、所得証明を添えて住所地にある年金事務所に提出します。この時印鑑を忘れずに持って行きましょう。

 

遺族厚生年金のもらえる金額は加入期間によって違ってきますが、原則として故人がもらえるはずだった老齢厚生年金の4分の3になります。

 

関連ページ

年金受給停止の手続きの方法
故人が公的年金を受けていた場合はできるだけ早く年金事務所で停止の手続きを行いましょう。
国民年金受給者の遺族がもらえる年金とその種類
国民年金のみに加入していた人が死亡後に遺族が受け取ることの出来る年金の種類のことについて紹介します。各自の条件によって受け取る年金に違いがあります。
遺族基礎年金は遺族を守る年金支給には条件があります
遺族年金は国民年金に加入していた人が死亡した時に子のある妻、または子の生活を助けるために支給される年金のことです。一定の条件がないと受け取ることが出来ません。
寡婦年金の受給条件やもらえる金額について
国民年金に加入していた夫が死亡したが遺族基礎年金の受給の条件に当てはまらなかった妻がもらえる年金が寡婦(かふ)年金です。その寡婦年金の受給の条件やもらえる金額について紹介します。
死亡一時金のもらい方と受給条件とは
死亡一時金は遺族基礎年金の受給対象者ががいない場合(子、子のある妻)にもらえる給付金です。ただし、妻が寡婦年金をもらっている場合は、受給の権利は無くなります。
厚生年金、共済年金の遺族がもらえる年金の種類
亡くなった人が厚生年金や共済年金に入っていた場合は遺族は遺族年金を受け取ることが出来ます。ではどういった種類の年金があるのか知っておきましょう。