死亡後の年金と健康保険の手続き

死亡後の年金と健康保険の手続きの方法をわかりやすく紹介しています。特に年金の手続きは死亡後10日以内に行う必要がありますので、注意してください。健康保険の手続きは特に急ぐものはありませんが、早めに行うほうが忘れなくていいでしょう。







このエントリーをはてなブックマークに追加 


死亡後の年金と健康保険やその他のの手続き記事一覧

年金受給停止の手続きの方法年金受給権者死亡届届ける人 故人の遺族届け先  市町村の役所、年金請求者の住所の管轄保険事務所期限   10日以内、国民年金は14日以内持ち物  年金証書、戸籍謄本、請求者と年金受給権者の住民票、振込口座の番号、死亡届(コピーで良い)、印鑑未支給年金請求書届ける人 故人の遺族届け先  市町村の役所、年金事務所期限   年金受給権者死亡届と同時に持ち物  年金証書、戸籍謄本...

国民年金受給者の遺族がもらえる年金とその種類遺族年金は条件によって受け取れる年金の種類は違います国民年金は日本に住んでいる20歳以上から60歳未満の人が必ず加入することが義務になっているものです。この国民年金は第一号〜第三号という三種類にわかれています。この内第一号被保険者は自営業、自由業、農林漁業とその配偶者、学生などがあてはまります。第二号被保険者は公務員、会社員があてはまり同時に厚生年金や共...

遺族基礎年金は遺族を守る年金支給には条件がありますその条件とは国民年金遺族基礎年金裁定請求書届ける人 給付の対象になる人届け先  市町村の役所持ち物  戸籍謄本、世帯全員の住民票(除籍分も)、故人と請求者の年金手帳、死亡診断書(コピーでよい)振込先の口座番号、請求者の所得証明、学生書、印鑑(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});遺族基礎年...

妻がもらえる寡婦年金の受給条件やもらえる金額について国民年金寡婦年金裁定請求書届ける人 給付の対象者届け先  市町村の役所持ち物  戸籍謄本、世帯全員の住民票(除籍の分も)、故人と妻の年金手帳、死亡診断書(コピーでOK)振込先口座番号、妻の所得証明、印鑑(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});満18歳以下の子供がいない場合は妻は最長5年間...

死亡一時金のもらい方と受給条件とは国民年金死亡一時金裁定請求書届ける人 給付の対象者届け先  市町村の役所、年金事務所持ち物  戸籍謄本、世帯全員の住民票、故人の年金手帳、死亡診断書(コピーでOK)振込先口座番号、印鑑(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});死亡一時金の支給金額は保険料の納付期間によって変わる国民年金の第一号被保険者が36...

厚生年金、共済年金の遺族がもらえる年金の種類遺族基礎年金と中高齢寡婦加算は遺族厚生年金と同時に貰える厚生年金や共済年金に入っている人は、国民年金の第2号被保険者にあたります。ですから国民年金のみに入っていた第1号被保険者とはもらえる遺族年金の内容が違ってきます。厚生年金と共済年金は遺族年金の仕組みに違いはほとんどありません。厚生年金、共済年金に入っていた人が死亡した場合、もらえる人の幅が一番広いの...

遺族厚生年金がもらえる条件と手続きの方法国民年金、厚生年金保険、船員保険遺族給付裁定請求書届ける人 給付の対象になる人届け先  年金事務所持ち物  戸籍謄本、世帯全員の住民票(除籍の分も)、故人と請求者の年金手帳、死亡診断書(コピーでOK)振込先口座番号、所得証明、印鑑(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});妻以外が遺族厚生年金をもらうに...

中高齢寡婦加算の仕組みと手続きについて説明しています中高齢寡婦加算は遺族厚生年金をもらっている人のほか一定の条件を満たせばもらえます夫を亡くし、再婚していない女性について、40歳から65歳の間に限って年金額を加算する制度が中高齢寡婦加算です。この給付をもらえるのは遺族厚生年金をもらっている女性に限ります。さらにこれ以外にも一定の条件を満たさなければなりません。遺族基礎年金の対象になる子がいない場合...

国民健康保険と社会保険の死後の手続きを紹介国民健康保険資格喪失届届ける人 遺族届け先  市町村の役所持ち物  国民健康保険証、印鑑期限   14日以内に国民健康保険葬祭費支給申請書届ける人 喪主またはそれに準ずる方届け先  市町村の役所持ち物  国民健康保険証、印鑑、振込口座番号、葬儀の領収書期限   葬儀から2年以内健康保険、厚生年金保険被保険者資格喪失届届ける人 遺族届け先  年金事務所、勤務...

年金や遺族年金のその他の色々な手続きについて夫が死亡した場合妻は年金に加入し直す必要があるのか夫が亡くなった後その妻が入る年金は夫の職業や妻が仕事をしていたか、または夫の扶養になっいたかによって変わります。例えば夫が会社員で妻が被扶養者の場合、妻自身は第2号被保険者の被扶養者である第3号被保険者になります。妻が60歳未満だった場合、夫の死後は第1号被保険者へ変更する必要があります。(adsbygo...

亡くなった人が世帯主だった場合の死後の手続きその後家系を支える人が新たな世帯主になる世帯主が亡くなった場合は14日以内に、世帯主変更届を提出する必要があります。その際の届出先は新たに世帯主になる人が、住んでいる市町村の役所になります。届け出の用紙は市町村によって若干違いがありますが、結婚や引っ越しの時に提出する住民異動届と同じようになっている場合が多いようです。この手続きは新たな世帯主本人、もしく...

児童扶養手当のもらい方とその手続きの方法児童扶養手当認定請求書届ける人 扶養者(父または母)届出先  市町村の役所持ち物  戸籍謄本、住民票、所得証明書、口座の通帳、印鑑期限   14日以内(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});貰う人の所得によって児童扶養手当のもらえる金額は変わりますひとり親の家庭は両親のいずれかが家計を支えながら、子...

死亡後の公共料金の手続きはすみやかに電話加入権等継承改称届け出書届ける人 新規加入者届け先  NTT持ち物  印鑑、戸籍謄本、死亡診断書期限   すみやかに(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});引き続き使用するものは早めに口座変更をする死亡した人が契約し、その人の口座から各種公共料金を引き落としていた時は、その人が死亡した後、すぐに口座...

市区町村やその他の発行先に返却が必要なもの故人の死亡届が提出されると市区町村の役所から各種返却や提出が必要な書類の案内が送られてきます。ただし、それ以外にも亡くなった人が契約していた各種のカード、例えばクレジットカードや会員カードなど退会や返却などの手続きをする必要があります。この手続きをきちんとしておかないと未払い分の請求や不正受給となることもありますので注意をしておきましょう。(adsbygo...

配偶者が死亡し旧姓に戻る時の手続き復氏届け届ける人 配偶者届け先  市町村の役所持ち物  戸籍謄本(結婚前の姓に戻す時は実家の戸籍謄本も必要)、印鑑(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});姓の変更の手続きは届け出期限はありません結婚後姓が変わった人は、配偶者が亡くなった後に婚姻関係が解消されたとき、自分の意思で今までの姓を名乗るか、結婚以...

配偶者の死後配偶者の親戚と縁を切る方法婚族関係終了届け届ける人 配偶者届け先  市区町村の役所持ち物  運転免許証などの身分証明書、戸籍謄本、印鑑(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});書類を提出すれば親戚関係は終了させることが出来ます結婚をすると当然ながら、配偶者の親や兄弟、姉妹との間に姻族関係が発生します。姻族とは配偶者の血族のことを...

子の姓と戸籍を親の旧姓に変更するには子の氏の変更許可申立書届ける人 子(15歳以上)または親権者届け先  家庭裁判所持ち物  子、親それぞれの戸籍謄本(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});子供の姓を変更する時は家庭裁判所へ申し立てる必要があります 配偶者が死亡し、残された配偶者が旧姓に戻ったとしても、子の戸籍や姓は以前のままです。ですか...

遺族補償年金支給請求書届ける人 支給の要件に当てはまる人届け先  労働基準監督署持ち物  死亡診断書または死体検案書(コピーでOK)、戸籍謄本、源泉徴収票、住民票期限   5年以内(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});故人との関係によってもらえる内容が変わってきます遺族補償給付は遺族補償年金または遺族補償一時金のどちらかをもらうことが出...

高額療養費支給申請書届ける人 遺族届け先  市区町村の役所、年金事務所、健康保険組合持ち物  健康保険証、医療費の領収書、印鑑期限   領収書の期限から2年以内(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});期限内であれば死亡後でも請求は可能です医療機関に支払った1ヶ月の金額が自己負担額を超えた時は、超えた金額を払い戻すことが出来ます。これを高額...

改葬許可申請書届ける人 遺族届け先  市区町村の役所持ち物  墓地利用許可書、受け入れ証明書、埋蔵証明書、印鑑(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});お墓を新しい墓地へ移す(改葬)には市区町村が発行している改葬許可書が必要です例えばお墓が遠いところにあり、お参りや世話が出来ないといった理由で、お墓を別の場所に移動することを改葬といいます。...

その他の手続きに関するよくある質問児童扶養手当以外の一人親や寡婦への援助について児童扶養手当は一人親家庭の生活をサポートし支えるものです。この他にも国や各自治体では一人親の家庭や寡婦の家庭に援助を実施しています。これらは自治体によって受け入れられる条件や援助は、色々と違ってくるのでその自治体に問い合わせてみてください。(adsbygoogle = window.adsbygoogle || [])...