わかりやすい死亡届と火葬許可申請書の手続きの方法

わかりやすい死亡届と火葬許可申請書の手続きの方法

 

一連の流れ

 

死亡診断書を書いてもらう⇒死亡届と火葬許可申請書を提出⇒火葬許可書をもらう⇒火葬する時に火葬許可書を提出⇒埋葬許可証をもらう⇒埋葬許可証を墓地に提出

 

死亡届

届ける人 故人の遺族
届け先  市町村の役所(基本的に24時間受け付け)
期限   死亡後7日以内
*印鑑が必要

 

火葬許可申請書

届ける人 死亡届を提出した人
届け先  死亡届を提出した役所
期限   7日以内
*印鑑が必要

 

基本的にこの2つの書類は合わせて提出します。このふたつがないと今後葬儀は進められませんので、まず最初に行いましょう。 

 

 

身内の方などが亡くなった時にまず最初に行うべき手続きは「死亡届」の提出です。この提出によって故人の戸籍が抹消されさらに火葬や埋葬の許可がおります。この「死亡届」の提出期限は死後7日になっていますが、普通は葬儀場の手配や火葬場の予約を考えて、当日、遅くとも翌日に行うのが普通です。その際印鑑が必要ですので忘れずに持って行きましょう。

 

 

故人の臨終に立ち会った医師または死亡を確認した医師に死亡診断書を書いてもらいます。その書いてもらった用紙の左側が死亡届になっています。その用紙に必要事項を書き込み役所に届け出をします。この時届けるところは亡くなった人の住所地にある役所、もしくは故人の本籍地にある役所になります。これらの手続きを葬儀屋さんに頼む場合は届ける人と代行者の印鑑が必要になります。

 

死亡届の提出後は火葬許可の手続きを

 

死亡届の提出後はすぐに火葬許可の手続きも行います。そして火葬許可証を受け取ります。この火葬許可書がないと火葬は出来ませんので確実に受け取りましょう。火葬が終わればそこで埋葬許可証を受け取ってください。これは墓地に納骨する時に必要ですので大切に保管しておきましょう。分骨する場合は先に分骨証明書を依頼しておきましょう。

 

死亡診断書は生命保険の払い戻しの申請の時に必要になります。またその後い色々な手続きなどに必要になることも多いので、提出する前に何枚かコピーをとっておくほうがいいでしょう。ただし、手続きによってはコピーではダメな場合もあります。この時は死亡診断書記載事項証明書が必要になります。死後1ヶ月以内の場合は役所でもらえますが、それを過ぎると法務局で発行してもらうことになります。

 

 

死亡状況に応じて手続きは変わります

 

自宅で死亡した場合
まずは遺体に手を触れたりしないでください。そしてかかりつけの医師に連絡し自宅に来てもらいます。そして死亡の確認をしてもらい死亡診断書を書いてもらいます。

 

事故による死亡の場合
速やかに警察に連絡します。そして監察医によって検死がされます。この場合は死亡診断書ではなく死体検案書が交付されます。

 

旅行など旅先で死亡した場合
現地の医師に死亡診断書を書いてもらいます。その後現地の役所に死亡届を提出します。その後故人の本籍地に再度死亡届を提出します。ですからこの場合は書類は2通必要になりますので注意しましょう。

 

海外で死亡した場合
死亡した現地で医師に死亡診断書を書いてもらい、日本大使館、公使館、領事館に3ヶ月以内に提出します。ツアーなどの旅行の場合はその代理店や在外公館などに相談をしましょう。

 

死産、流産の場合
医師もしくは助産師に死産証明を書いてもらい死亡届を役所に提出します。妊娠12週以降の流産の場合も同じように行います。

 

関連ページ

死亡後の手続きに必要な書類のとりかた
死亡後遺族年金や保険金の受取、各種の名義変更で必要になってくる書類の取得の方法を紹介します。
臓器提供の意志がある、他殺、自殺伝染病で死亡した時は
臓器提供の意思があったり献体を望んだりした人が死亡した時の対処と自殺や他殺、伝染病で死亡した場合に手続きの仕方や方法。