このエントリーをはてなブックマークに追加 


亡くなった時の手続き記事一覧

わかりやすい死亡届と火葬許可申請書の手続きの方法一連の流れ死亡診断書を書いてもらう⇒死亡届と火葬許可申請書を提出⇒火葬許可書をもらう⇒火葬する時に火葬許可書を提出⇒埋葬許可証をもらう⇒埋葬許可証を墓地に提出死亡届届ける人 故人の遺族届け先  市町村の役所(基本的に24時間受け付け)期限   死亡後7日以内*印鑑が必要火葬許可申請書届ける人 死亡届を提出した人届け先  死亡届を提出した役所期限   ...

死亡後の手続きに必要な書類のとりかたをわかりやすく紹介戸籍謄本と住民票はまとめて取得すると便利死亡後の手続きで一番多く使うのが住民票と戸籍謄本です。ですから予め数枚をまとめて取得しておけば、何度も役所に行く手間が省けますので覚えておいてください。住民票が必要になるのは遺族年金の受け取りや公的な健康保険から葬儀費用をもらう場合です。また、除住民票という故人が住民票から抹消されたことを示すものも必要に...

故人が臓器提供や献体を希望していた場合は臓器提供の希望者は臓器提供意思表示カードを持っています。臓器提供の意思表示をしている患者が主治医に死亡と診断されると、家族へ臓器提供の説明を受けるかどうかを聞かれます。説明を希望すると、移植コーディネーターが呼ばれ、説明を受けた後家族の意思決定を迫られます。ここで臓器提供を希望すれば移植を受ける患者が選ばれ摘出手術に入ります。手術時間は臓器にもよりますが5〜...